カルトナージュで彩って

厚紙と好きな布で作る収納箱。作る楽しさを紹介します。
MENU

やっぱり良かった!

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→
日本橋三越Tilda & Friends 9月ワークショップ受付中です。
詳しくはこちらをご覧ください。→


最近仕入れた細くて薄いマグネット。

やっぱりこれは便利な材料でした!

今まで埋め込みに使っていたのは主にバッグなどに使われている丸型の薄型マグネット。

磁力は申し分ないのですが、カートンを丸く削ぐのが大変!
またその形状から、カートンの『面』にしか使用できませんでした。

そして、この厚さ1ミリや2ミリの細いマグネットはカートンの『側面の厚み』にきっちり収まるので、蓋をフラップ式にできない場合にとても重宝します。

これを所々使用して‥。
出展作品、頑張っています!







スポンサーサイト

優秀なハサミ

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→
日本橋三越Tilda & Friends 9月ワークショップ受付中です。
詳しくはこちらをご覧ください。→


ずいぶん前にこのハサミについてはご紹介しましたが

三越のワークショップでもお客様から、この使い勝手の良さを感じて頂き、
メーカーについてお問合せを頂くので改めてご案内させて頂きます。

アトリエパピエ75の認定講師の方から教えて頂き、
私もこのハサミ以外は使えなくなってしまいました。
良いお道具は作業をスムーズにこなすには必須ですね。

とにかく気持ち良い切れ味で、ずっと切れ味長持ち!
→あらゆる分野の職人さんもご愛用とか

ボンドがついても良く切れる!
→ガムテープだって刃につかない

先が尖っているのでカルトナージュ向け!
→鋭い刃先なので、ケースが無いのが唯一難点かな、ケースはカルトナージュで作ればいいですね

紙と布、両方に使える!
→お道具箱にはこれだけあれば大丈夫

持ち運びに便利な大きさ!
→サイズも数種類ありますが、16cmが丁度よい

程よい刃渡りなので、作業しやすい!
→小さなハサミは指を入れるのもちょっと面倒だし、布地ののりしろをザクザクと整えるにはこれくらいの刃渡りが便利

お安い!
→ヨーロッパのブランドハサミより断然コスパ高し

と利点を挙げるときりがない (笑)

とにかくお勧めです。

丸章工業 ハイネバノン160mm
詳細はこちら→

※通常レッスンにご参加の生徒様にはご希望があれば、ご用意します。



ティルダの新作

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→
日本橋三越Tilda & Friends 9月ワークショップ受付中です。
詳しくはこちらをご覧ください。→


日本橋三越新館8階にてティルダ直営店1周年記念として、
9/6まで、同フロアーのギャラリーアミューズにて『北欧Tildaと手作りマーケット』を開催中です。

2016年の秋冬最新コレクションがリリースされました。

新作の生地スワッチは3か月以上前から手元に頂戴しているので、
購入する柄は決まっていますが、やっぱり反物で眺めるともっと他のシリーズも欲しくなっちゃうかな。

今回のシリーズは王道のクラシカルな花柄とうさぎさん。
ラビット好きの方にはたまらなく可愛いシリーズですね!







手作りマーケットの会場では、私が担当させて頂いていいるワークショップの紹介コーナーも設けて下さっています。
また、会期中は井上ひとみ先生のワークショップや、宮岸和子先生の作品即売会、などもあり、イベント感満載です!

タッセルやマグネット

7月日本橋三越Tilda & Friends ワークショップ受付中です。
詳細はこちらをご覧ください。→


通常レッスンスケジュールはこちらをご覧ください。→
各色揃った小さなタッセルを見つけました。
その色、なんと66色!
シンプルでカジュアルな物を探していたので、こちらのタッセルはちょうど良い感じです。
カラースワッチもあるので、今後の仕入れの参考になります。







そして、こちらも優れもの!
こんなに小さな、薄い(厚さ1ミリ)マグネット。

よこた先生から教えて頂き、私も数種類のサイズを仕入れてみました。
こんなに小さいのに磁力は抜群です。

手帳やファイルには丸い薄型マグネットを埋め込み、作業していますが、カートンを丸く切ることに手間取ることもあります。

でもこちらのマグネットは四角形なので、格段と作業が楽になります。

マグネットのサイズも小指の先に載ってしまう極小サイズからあらゆるサイズが揃います。
厚さも1ミリから揃い、カートンの厚みに合わせて選べます。

そしてコスト的にも◎

これから色々な作品に使っていきますね!


浅草橋や日本橋

7月日本橋三越Tilda & Friends ワークショップ受付中です。
詳細はこちらをご覧ください。→


通常レッスンスケジュールはこちらをご覧ください。→
今日は資材や消耗品の買い出しに行ってきました。

今日のルートは、浅草橋→馬喰町→また浅草橋→蔵前→日本橋三越。
全部で9店舗。

蔵前→日本橋はもちろん地下鉄ですが、ほかは日頃の運動不足解消のため、
レンタサイクルは借りず、徒歩で頑張りました!

カルトナージュとは関係ありませんが、
浅草橋に来るときには1年に1度のペースで、包丁をプロに研いでもらいます。

そうすると簡易包丁研ぎ器(刃を溝に入れて前後に動かすだけのもの)でも切れ味が保てます。
でも、最近、その研ぎ器で研いでもすぐに切れ味が悪くなるので、お店の方に伺ったところ、
簡易包丁研ぎ器は消耗品だから、買え替えることも必要よ、ということで、こちらも新調しました。

早速研ぎに出していない包丁をそれで研ぐと、鶏肉の皮までスパッと気持ちよく切れました!
これを買え替えるなんて、考えてもみなかったです。

さて、資材の買い出しは特にいつもと変わったことはありません。
今日は日本橋まで足を延ばす予定だったので、のんびりと新しい資材を求めるのは諦めました。
必要なものをサッサと購入し、お昼ご飯もこちらでパパッと済ませました。

こちらのお店、「日本一おいしいミートソース」がうたい文句。
浅草橋の高架下にある、細いカウンターの飲み屋さんなのです。
でもランチには絶品ミートソースがいただけます。
ラーメン屋さんみたいな感覚でおどんぶりで出てきます。

なんとソースがない!まずは麺だけを食すのがルール。
このゆで上げの麺がとっても香よくおいしい。
次におどんぶりの底から麺を混ぜてみると、麺の下に絶品ソースが隠れています。
ちょっとびっくりするおいしさですよ~。

替え玉しちゃいました。あ、半玉ですけどね。
お隣の女性ももちろん替え玉、してました。




今日の締めくくりは日本橋三越のティルダへ。
週末にはワークショップで伺いますが、今日は8月のサンプル用の布地を購入しに行きました。
ゆっくりとティルダの社員さんともお話しができ、
明日には店頭にFROU FROUの生地が並ぶということで、ご準備されていました。

日本橋三越では、FROU FROUは反物は扱わず、カットクロスだけだそうです。
カットクロスを使ったワークショップも企画したいと思います!

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。