カルトナージュで彩って

厚紙と好きな布で作る収納箱。作る楽しさを紹介します。
MENU

レッスンのご報告

寒くなってきました。
ミンナノカフェでのレッスンも昨日で年内のお稽古納めとなりました。
ミンナノカフェとの出会いが、私の背中を押してくれて始まった、
カルトナージュ教室tama-tebako。

今年の4月からはじまって、20数回のレッスンがありました。
井の頭界隈の方だけでなく、遠方の方までもが、カフェのレッスンに通って下さいました。
たくさんの方々との出会いに感謝いたします。

手作りの楽しさは、完成することはもちろん、ひとつひとつ自分の手で作り上げる
時間をもつ充実感だと思っています。
忙しい育児の毎日に、その時間をカルトナージュで楽しんでいただけるよう、
来年も頑張ります。

昨日のレッスンにて、製作された作品をご紹介します。
レッスン報告かご 001 Sさんのかご ソレイアードの生地を上手に組み合わせてます。
 レッスン報告フリーボックス 002 Mさんのフリーボックス 折りたためるボックスです。

スポンサーサイト

素敵な作品

先日の出張レッスンでは、四方に開くお裁縫箱を製作しました。
私が5年前に友人から譲ってもらったお裁縫道具がプリントされたアメリカンコットン、
それと日暮里繊維街で見つけた、これまた淡い色合いとクラシックなミシン柄がとっても
かわいいアメリカンコットン。これらをソーイングボックスのキットにして、製作しました。
ソーイング布
布のかわいさに引かれて、いつか使おうと思ってストックしてある布たちが沢山あります。
今回のこのミシン柄、生徒さんの評判もとってもよく、買い足しにまたまた日暮里のお店へ
行きましたが、時すでに遅し。もうすっかり売り切れになっていて、端切れさえありませんでした。
一目ぼれの布との出会いはもしかすると一度切り。迷わずもっと買っておけばよかったなあ。

さて、そのミシン柄を使って、Tさんは一手間二手間加えたソーイングボックスに仕立てました。
Tさんソーイング 001 ピンボケでごめんなさい!
内側にギャザーのポケットを作ったり、茶色い太ゴムを渡したり、収納力抜群ですね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。