カルトナージュで彩って

厚紙と好きな布で作る収納箱。作る楽しさを紹介します。
MENU

丸背のブックスタイル

先日、基本のブックスタイルの箱をレシピに追加しましたが、
同じスタイルで背が丸いスタイルの箱も試作してみました。

私が通うアトリエパピエ75で習得した丸背の本型の箱は、細かい作業が多く、制作時間もかかってしまいます。
そこで、もっと簡単に制作できて、日常の使い勝手も良いスタイルになるよう、試作してみました。
基本のブックスタイルと大きさも一緒で、シンプルな箱です。
背が丸いだけで、ずいぶんと印象も変わります。
お好みのスタイルを選んで作ってみて下さいね。

001 (640x426)
005 (426x640)

スポンサーサイト

出張レッスンにて

先日は、毎月2回出張レッスンで伺っている、井の頭在住のTさんのお宅でのレッスンでした。
回数を重ねるにしたがって、皆さんの「こんな箱が作りたい!」
というご要望がより具体的になってきました。
これがまさしくカルトナージュの楽しさの一つです。
収納したいモノに合わせて、箱を仕立てるのです。

今、その希望を叶えるべく、制作しているSさん。
手作りのスクラップブッキングのアルバム用紙を飾りながら収納できる箱、これに挑戦です。
アクリル板をはめ込み、飾るアルバム用紙を出し入れできるふたに仕立てます。
単純そうに見えて、何層にもフレームを重ねて作るので、なかなか大変。
レッスンごとに一緒に考え、制作中です。
完成が楽しみです。
004 (640x480)

こちらはTさんの完成した「不思議なかたちのごみ箱」
秋らしいどんぐりの柄がとても可愛いです。
二等辺三角形を気長に貼って制作します。
001 (480x640)

写真を撮り損ねましたが、いつも学校の仕事で忙しい中いらして下さるKさん、
今回はティッシュボックスを仕上げました。
次回はこの「不思議なかたちのごみ箱」を制作です。


ぷっくり楕円のバスケット

すごい台風!外は風雨が強くなってきました。
子供たちはお昼過ぎに下校になり、無事に家でのんびりしてます。
子供のお稽古もお休みになり、私まで、のんびりカルトナージュできました。

今日完成したのは、ぷっくりした楕円のバスケット。
新しくレシピに追加します。
本体の外側に極厚のキルト綿をはり、全体に丸みを帯びたぷっくり感がかわいらしいです。
そして、この作品のポイントは、楕円の製図にあります。
円はコンパスをくるっと回せば出来上がりですが、楕円となると、そう簡単ではありません。
でも、やり方を覚えればすぐに描けるようになります。
是非、かわいい楕円型を作ってみて下さい。

001 (640x426)

オズ マガジン

買ってきました!
今書店に並んでいるOZmagazine10月号は、吉祥寺特集です。
雑誌の中ほど、「吉祥寺TOPICS!」というページに、Arts & Crafts Houseの記事が
載っています。是非、ご覧下さいね。
元ミナカフェオーナーの大山さんもちらっと写真に載ってます。

Arts & Crfts House内の大山さんのお店「tataroto」にてカルトナージュの
レッスンもできますので、吉祥寺でのレッスンをご希望の方はご相談下さい。

008 (640x426)



基本のブックスタイル

先日のレッスンに参加された皆さんからのリクエスト「雑貨屋さんにある辞書みたいな箱」。
カルトナージュの基本型「ブックスタイル」の箱ですね!
何度も作ったことはありますが、改めてお教室見本として、作ってみました。
基本の箱ですが、ふたの内側にはきちんとしまるような細工もあります。
大きすぎず、小さすぎず、確かに辞書くらいの大きさです。
外寸21センチ×15.5センチ 内箱の高さ5センチです。

是非、制作して下さいね!いくつか作って本棚に立てて収納しても可愛いです。

001 (640x426)
004 (640x426)
006 (426x640)
 CLARKE & CLARKEの‘DISTY ROSE’とGreen Gateの水玉で可愛く仕上げました。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。