カルトナージュで彩って

厚紙と好きな布で作る収納箱。作る楽しさを紹介します。
MENU

フレームのある小箱

作品展の際に生徒さんがお子様の写真をふたに飾り、お子様のための小箱をお作りになられました。
その小箱が他の生徒さんのお子様の目にとまり、レッスンのリクエストがありました。

夏休み中にTildaの布を使って、新しくレシピに加える作品を作りました。
カルトナージュ中・上級者にも楽しめるよう、ふたとフレームが一体となる貼り方、
前ふたの飾り曲線の描き方も習得できる作品です。

片手にのるほどのかわいい小箱です。
リバティやティルダの布にはピッタリですね。
お揃いの布地でメジャーもカルトナージュしてみました。

omoide1.jpg
omoide2.jpg
kabocha5.jpg


スポンサーサイト

アトリエパピエ75のレッスンへ

昨日は久しぶりに師匠よこた先生のアトリエへレッスンへ伺いました。
当教室の生徒さんも多くの作品を製作し、「いつものレシピ集だけでは物足りなく?なってきたかも!」
という思いと、自分のブラッシュアップのためにも、レッスンを受けることは大事です。

今回はフランスLaurence先生の六角形の「Boite lampion」を製作するにあたり、
型紙ではなく曲線の製図から教わりました。
曲線の製図をマスターしたので、早速復習をかねて四角バージョンも製作しました。
当教室でもレシピに追加しますので、上級作品をたくさん製作された方はトライしてみましょう。

Tildaの布はこんな作品にぴったりですね。
tubo8.jpg
kabocha4.jpg
tubo2.jpg

レッスンのご報告

今週は夏休み中のレッスンを開催しました。
このレッスンはトライアルとして、午後の時間帯を設定しました。
武蔵野プレイスの貸室は午前中は9時半から12時半、午後は1時から5時という区分けになっているので、
午後は時間を気にせずゆったりと、作品によっては午前中のレッスンでは仕上がらない作品も、
仕上がります。(ただし集中力が続くかしら?)

この日は結局皆さんが5時まで頑張りました。
お疲れ様でした!

せっかく完成した作品もあったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。
次回レッスンにお持ち下さいませ。

夏休み中に頂いた完成写真と先日のレッスン作品をご紹介します。

・基本のオルゴールタイプの箱とカルトナージュのお道具箱
fujio 1

・夏休みなので親子でご参加下さいました。お母様はブック型の箱、お嬢様は持ち手のついた小物入れです。
kuboi1.jpg

・バラが何よりもお好きな生徒様。輸入生地のバラ柄でキットをご用意しました。
yagi1.jpgyagi2.jpg

市活人展(しかつんちゅてん)2015

武蔵野市の市民活動啓発事業「あなたの街の市活人展2015」に取り上げて頂きました。
市民活動を行っている人の人柄や思いを紹介し、
広く市民の方々に市民活動に対する興味や関心を持って頂くことを目的としているイベントです。

市民活動というと地域の環境問題や教育支援等の活動を思い浮かべてしまうので、
このお話を頂いた時は「え?私のカルトナージュ教室が???」と戸惑ってしまいました。
しかし、ご担当者の方から、「文化」の分野で気軽に楽しく市民の方々が参加できる活動として
紹介したいとお話しを頂きました。

パネルや配布冊子に大きく顔写真が載っているのは本当にはずかしくて仕方ありませんが、
武蔵野プレイスにお出かけの際には、ちらっとのぞいてみて下さいね。

【日程】2015年08月23日(日)~2015年08月31日(月)
【場所】武蔵野プレイスギャラリー

パネル
全体


クラフトテープケース

クラフトテープケースを試作しました。
これはミューズの水張りテープ、25㎜×45m巻のサイズです。
水張りテープはカラーによってサイズが異なりますが、
ブラウンのこのサイズがレッスンへの携帯に便利です。

ケースに入れたまま、テープを引き出したり巻き戻したりできます。
9月からのレッスンで製作できますが、丸箱を製作された方におすすめです。

クラフトテープケース

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。