カルトナージュで彩って

厚紙と好きな布で作る収納箱。作る楽しさを紹介します。
MENU

10月日本橋三越Tilda & Friendsワークショップのご案内

10月の日本橋三越Tilda & Friendsでのワークショップ詳細をご案内致します。

私が担当するのは、第三土曜日第四金曜日です。(都合により変更となることもあります。)

ご予約お待ちしております。


10月のワークショップ作品には、2016秋冬モデルの新作柄を使って、『両開きの箱』を加えました。

どの作品も初心者の方にもお楽しみ頂けます。
「ちょっと難しそうだけど、大丈夫かしら?」と思われている方も、安心してご参加下さいね!

日時

10月15日(土)、28日(金) 
午前の部 10時45分~13時15分
午後の部 14時~16時15分

終了時間は作品により前後します。

定員

各回4名

作品

下記の①~③からお選び下さい。

①両開きの箱 (グリーン OR ネイビー)

・講習費 8,500円

・出来上がりサイズ
14.5cm四方、高さ4.5cm

バックルをつけて、両開きの蓋にしました。
バックルがあることで、単純な箱にアクセントができ、また開閉時のピタっと収まる感じが心地いいのです。
サイズは市販の紙ナフキン(見本は、無印良品のものです。)がぴったりと収まるサイズですが、
もちろん、小物入れとして万能な箱です。

カラー名あり

IMG_7582[58831]
IMG_7577[58826]


②携帯用メガネケース (ピンク OR ブルー)

・講習費 8,000円

・出来上がりサイズ
幅15.5cm、高さ7cm、奥行き4.5cm程度(閉めた状態)

バッグの中でも型崩れしない頑丈な作りのメガネケースです。
内側には起毛素材を使用し、あたりを柔らかく仕上げます。
簡単に製作できる手法を使うので、初心者の方にも気軽にお楽しみ頂けます。

2色カラー名入り
オープン
オープン3


③お裁縫箱&メジャー (ピンク OR ブルー)

・講習費 10,000円

・出来上がりサイズ
横23.5cm×縦9cm×高さ4.5cm

ふたを開けるとピンクッションが立体的に飛び出るお裁縫箱。
お揃いのメジャーも一緒に作ります。

お裁縫セットオープン
お裁縫セット
ブルー中
ブルー外
メジャーピンク
メジャーブルー




場所

日本橋三越本店 新館8階 Tilda&Friends
〒150-0021
東京都中央区日本橋宝町1丁目4-1
アクセス

お申込み

お電話にて店舗へ直接お申込み下さい。
Tilda & Friends (直通) 営業時間10:30~19:00
03-6262-5625

または、講師へ直接メールでお申込み下さい。
→ carton.tamatebako@gmail.com
※メールでのお申込みの際はこちらから確認のメールを差し上げます。
24時間経っても返信が無い場合は、お手数ですが、店舗へ電話で直接お申込み下さい。

お申込みの際には、下記をお知らせください。
①お名前
②お電話番号
③ご希望レッスンの日時
④作品の種類と色


お支払い

ワークショップ当日に、店頭レジにてお支払い頂きます。

キャンセルポリシー
お申込み日の3日前以降のキャンセルについては、全額のお支払をお願い致します。

バックルの付いた両開きの箱

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→


ティルダの2016秋冬モデルでバックルが付いた両開きの箱を作りました。

紙ナフキンがぴったり入る大きさになっているので、食卓の片隅に置く箱として、
また小物入れに万能の大きさです。

バックルが付いているだけで、「どうやって開けるのかな?」って、少しワクワクしながら開閉する箱。

こちらの作品は10月からの日本橋三越ティルダ直営店でのワークショップ作品として、
店頭に並べてあります。
早速、店頭にてお申込みも頂いています。

10月のワークショップ詳細は追ってご案内させて頂きます。





ツイードバッグのレッスン

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→
日本橋三越Tilda & Friends 9月ワークショップ受付中です。
詳しくはこちらをご覧ください。→


今日はカルトナージュ講師仲間として長いお付き合いのMakiさんに、
ツイードバッグの出張個人レッスンをして頂きました。

カルトナージュ以上に、スワロフスキーを使ったグルーデコのアクセサリー作家として全国レベルで大活躍の方なのです。
クラフト系の起業の知識や人脈も広く、会うと刺激いっぱいのお友達です。
だから、とってもお忙しくされていますが、

『私達、旧知の仲だし、久しぶりにゆっくりと情報交換もしたい!』
となり、丸一日お付き合い頂きました。

そしてせっかくなので、彼女が改良を重ねて考案したツイードバッグのディプロマレッスンもして頂きました。→

『シャネルツイード』で知られるイギリスの老舗リントン社のツイード生地を使って作りました。
ここまで高級な布地を扱うのは初めての経験なので、
はさみを入れるときはドキドキでした。

カルトナージュの技法はそのまま、
使いやすいバッグ作りのために考えられたポイントを教わりました。

今日学んだ技法を使って、私なりにカジュアルダウンした作品作りができるといいな、と思います。
なかなか私のテイストは、シャネルのエレガンス感には程遠いので(笑)

もちろん、『シャネルツイードを使って作りたい!』というリクエストにもお応えできるようになっています。



日本橋三越Tilda & Friendsのワークショップでした

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→
日本橋三越Tilda & Friends 9月ワークショップ受付中です。
詳しくはこちらをご覧ください。→


今日は毎月開催している日本橋三越本店ティルダ直営店でのワークショップでした。

今日は、同じティルダでワークショップを担当されている宮岸先生もご参加下さいました。
宮岸先生はカルトナージュに編み物を加えた作品(→)がとてもかわいくて、人気なのです!

講師仲間にレッスンをさせて頂くのはちょっと緊張しますが、
作業上のポイントだけさらっとお伝えするだけで、やはり完璧に仕上げて下さいました。
携帯用めがねケースをお選びになりましたが、スタンダードなカルトナージュとちょっと違う作り方なので、
お楽しみ頂けたかな、と思います。

宮岸先生はワークショップにご参加下さった後は、ご自身がお教えする次のレッスン会場へと向かわれていました。
お忙しい中、ありがとうございました。

そして、今日は毎月通って下さるお客様や、はじめましてのお客様、皆様と手を動かしながらも、
クラフト情報の交換や、血液型の話でおしゃべりにも花が咲きました。
引き続き来月のご予約も頂き、またお目にかかることを楽しみにしています。







レッスンのご報告

通常レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。→
日本橋三越Tilda & Friends 9月ワークショップ受付中です。
詳しくはこちらをご覧ください。→


今日は9月の3回目のレッスンでした。

今日は新しいお仲間も増え、楽しく励んでいます!

新作の携帯用メガネケースをサンプルとして持参しましたが、
手にとって頂くと、その頑丈さにびっくりされていました。
1mmのカートンとちょっと特殊な芯地を使って作りますが、
「大きさを変えればクラッチバッグにもなりますね~。」とベテラン生徒さん。

サンプルのレシピからサイズを変えたり、自由な発想で作品に手を加えていってくださると嬉しいです!


さて、レッスンで完成した作品をご紹介します。
(ご自宅仕上げの方も、完成を楽しみに待っています!)

『バックル付きの箱』
きれいなターコイズ色のスキバルとプリントペーパーで作られました。
布ではなく、切りっぱなしで使用できる材料が適している箇所がある作品です。
箱の内部には低い仕切りがあるので、この部分の処理の仕方もポイントです。
バックル部分、ピチッと仕上がっています。


『ハンドル付きの小箱』
体験レッスンにいらして下さった方の作品です。
お手持ちの厚手のカーテン生地を使って製作されました。
厚手の布地は処理の難しい部分もありますが、作品にすると重厚感があり素敵です!


『ペル・メル』
レッスン歴の長い生徒さんですが、初心にかえり、初級のペルメルを製作されました。
ちょっと復習を重ねて、ステップアップする予定です!
楽しみにしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。